沿革

平成7年
(1995年)
8月 東京都大田区久が原に、林亮(博士 工学)によって株式会社ナノを設立
資本金1,000万円
研究機関向け実験装置および研究機器の製造を開始
平成8年
(1996年)
10月 ISMTII にて「Development of a Roundness Measurement System for Parallel Rollers based on a V Block Double Enlargement Devices.」を慶應義塾大学と共同発表
平成9年
(1997年)
1月 東京都より、中小企業の創造的事業活動の促進に関する臨時措置法第4条3項の規定に基づき「高精度両V案内を持つ精密旋盤の研究開発等事業計画」が認定される
平成10年
(1998年)
3月 工業技術院機械技術研究所にキャスティングマニピュレータ機構および伸縮脚型2足歩行ロボットを納入
平成11年
(1999年)
7月 商標登録「NANOWAVE」を取得
8月 財団法人東京都中小企業振興公社より「高精度両V案内を持つ精密旋削盤の開発」に対し、経営・技術活性化助成事業の助成金が交付される
平成12年
(2000年)
4月 資本金を2,000万円に増資
ナノウェーブシリーズ精密非球面旋盤 NANOWAVE UPL1 の販売を開始
9月 高速工具サーボシステム NANOWAVE FTS4 の販売を開始
平成13年
(2001年)
4月 精密CNC高硬度金型材切削機 NANOWAVE UPL2 の販売を開始
5月 資本金を3,000万円に増資
9月 医療用具製造業許可証を東京都より取得
11月 マイクロ工作機械シリーズ1号機のA6サイズの卓上旋盤 NANOWAVE MTS1 の販売を開始
12月 実用新案「口腔用照明装置」を登録
平成14年
(2002年)
2月 大田区「優工場」に認定
総合部門にて表彰
資本金を5,000万円に増資
3月 口腔用照明装置 NANOWAVE DLD3 の販売を開始
昭和大学歯科病院保存修復学講座に初号デバイス納入
4月 はがきサイズの超小型精密CNS旋盤 NANOWAVE MTS2の販売を開始
改良型精密CNC非球面旋盤 NANOWAVE UPL3 の販売を開始
12月 米国以外のマドリッド条約加盟国で商標「NANOWAVE」を取得
平成15年
(2003年)
4月 超小型精密CNS旋盤 NANOWAVE MTS3 の販売を開始
5月 技術センターを東京都大田区羽田旭町に設置
8月 工場部門を横浜市港北区綱島東に移転
10月 本社を東京都大田区羽田旭町に移転
平成16年
(2004年)
1月 シンガポール大学に精密加工旋盤 NANOWAVE UPL5を納入
4月 教育現場向けのマイクロ工作機械 NANOWAVE MTS4 の発売を開始
11月 特許「マイクロマシン用自動チャック」を取得
12月 イメージスキャナー NANOWAVE SIS1 の販売を開始
アメリカにて商標「NANOWAVE」を取得
平成17年
(2005年)
1月 超小型精密CNCフライス盤 NANOWAVE MTS5/MTS6 の販売を開始
平成18年
(2006年)
8月 横浜市金沢区谷津町(金沢文庫)に総務、製造、技術、営業の全機能を移転、集約
平成19年
(2007年)
4月 本社を東京都大田区蒲田に移転
平成20年
(2008年)
2月 超小型精密複合加工システム NANOWAVE OMS1 の販売を開始
平成22年
(2010年)
4月 超小型ターニングセンタ―MTS3Sの販売開始
超小型フライス盤MTS5Rの販売を開始
平成22年
(2010年)
11月 本社を東京都世田谷区等々力に移転
平成23年
(2010年)
10月 カナダWAVE2011 conferenceに参加
平成24年
(2012年)
11月 ドイツ展示会MEDICA2013へ超小型精密フライス盤NANOWAVE MTS5Rを出展
平成25年
(2013年)
7月 アメリカ ヒューストンClinical Lab Expo視察